博物館について

kume_01

久米通賢

 当館の主な収蔵品のひとつに「久米通賢関係資料」があり、重要文化財に指定されています。通賢が坂出に塩田をつくり、坂出の礎を築くこととなったため、この地に資料が集まりました。

 久米通賢は安永9(1780)年、大内郡馬宿村(東かがわ市馬宿)に生まれました。
 寛政10(1798)年、19歳のとき大坂の天文学者 間重富のもとで天文・測量学を学びますが、享和2(1802)年、父・喜兵衛が亡くなると家を継ぐため讃岐に戻ります。以降、様々な分野で才能を発揮して数多くの事績を残し、人々の生活の向上のために尽くしました。そして天保12(1841)年、故郷である馬宿村で62年の生涯を閉じます。

 通賢が生きた江戸時代後期は、西洋の科学知識が日本に広く浸透していく時代です。通賢が遺した資料は、このような新しい知識が一般の人々にどのように受け入れられ、活用されていったのかを具体的に示すものとして、高い評価を得ています。

 

1. 測量および地図製作

文化3(1806)年に藩から命じられ、高松藩領内の地図を製作するための測量を行います。 地平儀などの測量機器や、現場で数値を記録した野帳類、地形をスケッチした測量絵図帳、地図の下書きである測量下図からは、地図製作の過程がわかります。

kume_11  kume_12

地平儀地平儀を用いて測量した記録

 

2. 天体観測

通賢は帰郷後も天体観測を続けており、観測記録を間家に送っていました。 星眼鏡(天体望遠鏡)や天球儀などの器物のほか、日食、月食、彗星等の天体観測記録があります。

kume_21  kume_22

天球儀観測した彗星の経路の記録

 

3. 坂出塩田

文政9(1826)年から始まった坂出塩田開発に関連する図面や建築費用の見積に加え、塩生産量や年貢収入の見込み計算書など、塩田の経営に関する資料が多数あります。

kume_31  kume_32

坂出塩田構造の設計図塩田の課税台帳

 

4. 銃砲等武器の改良および製造

自ら考案し製作した武器類のほか、それらの図面や使用法等を著した『武備(ぶび)機械(きかい)鉤(こう)玄(げん)』、発火具である雷汞(らいこう)(雷酸水銀)の製造実験記録が遺されています。

kume_41  kume_42

火矢筒「憤龍」『武備機械鉤玄』
(火矢を発射する砲)

 

5. その他

文化13(1816)年夏、大阪で牛旋激水(揚水ポンプ)を利用し人工滝の見世物興行を行った際のチラシの印刷木版や、文政10(1827)年に別子銅山を測量した関連資料など、さまざまなものがあります。

kume_51

引札版木
(チラシの印刷木版)

kume_52

別子銅山図

 

久米通賢 略年表

和暦 西暦 年齢 事項 日本のできごと
安永9 1780 1 大内郡馬宿村に生まれる
天明7 1787 8 老中 水野定信が寛政の改革を行う(~寛政5年)
寛政10 1798 19 大坂の天文学者 間重富のもとに入門か 本居宣長が「古事記伝」を著す
享和2 1802 23 3月、父喜兵衛が死去し、家を継ぐ
秋、藩に召し出される
文化3 1806 27 地平儀を製作
藩命により高松藩領内沿岸及び街道の測量開始
文化4 1807 28 「武備機械鈎玄」3巻を著し、藩に提出
文化5 1808 29 伊能忠敬測量隊の接待応接役を命じられる 伊能忠敬、幕命により畿内・四国沿岸の測量を行う
文化13 1816 37 大坂にて「養老の瀧」を見世物にする
以後、大坂・江戸で数回「養老の瀧」の見世物興行を行う
このころ、江戸や大坂などで見世物興行が人気を博す
文化14 1817 38 「自然水」を製作
文政7 1824 45 百敵砲を製作
文政9 1826 47 坂出塩田開発のための測量に着手
坂出西新開開発を開始、10月に汐留工事完了
文政10 1827 48 別子銅山水抜工事のための測量実施
文政12 1829 50 坂出江尻新開・中(東)新開開発開始、汐留工事完了
阪出墾田之碑建立
シーボルトが禁制の日本地図を持ち出そうとして国外追放になる(シーボルト事件)
天保4 1833 54 坂出塩田として西新開・中(東)新開、江尻新開が完成 天保の飢饉(天保4~7年)
天保7 1836 57 この年、藩の役目から退き、馬宿村に帰村
天保10 1839 60 「生歴木諸品之控(火薬類の製造実験記録)」などを記す 幕府、渡辺崋山・高野長英らをとらえる(蛮社の獄)
天保12 1841 62 馬宿村にて病没 老中 水野忠邦が天保の改革を行う(~天保14年)

 


 

平成30年度
  国庫補助金 重要文化財美術工芸品久米通賢関係資料修理事業概要

 

●【事業目的】

久米通賢(1780~1841)は、江戸時代後期に自らの科学知識を活かしたさまざまな活動により高松藩に貢献した人物です。1061点にもなる久米通賢関係資料は、通賢の事績を知るうえで最もまとまった資料群であり、19世紀前半における科学知識の受容と活用の実態を示す資料群として、科学技術史研究上において価値が高いとの評価を受け、平成26年3月に重要文化財に指定されました。 これら資料群のうち経年の変化が大きなものについて、文化庁の指導のもと適切な状況にもどすための保存修理事業に平成27年度から取り組んでいます。

●【全体の事業期間】

平成27年4月から31年3月までの4ヵ年

●【事業体制】

文化庁、香川県教育委員会、坂出市教育委員会の補助を得て、公益財団法人鎌田共済会が実施しています。

●【本年度総事業費および補助金額、収入先明細】

・総事業費(30年度)    6,455,310 円
・収入先明細(予定)

      国庫補助額    3,873,000 円
      香川県補助額   860,000 円
      坂出市補助額   860,000 円
      事業者負担額   862,310 円

●【本年度修理内容の概要】

・地球儀など器物類9点について、X線透過撮影などを用いた状況調査をふまえ、クリーニングはじめ金属部分には樹脂塗布による防錆処理、部分的な補強や木部の修復作業のほか資料ごとの実測図作成などを、公益財団法人元興寺文化財研究所において実施しています。

●【修理イメージ】

kume_restor_1 kume_restor_2

●本事業は、文化庁美術工芸品重要文化財修理事業国庫補助金の交付を受けて実施されています。

Supported by the Agency for Cultural Affairs.Government of Japan in the fiscal 2018

kume_restor_4