お知らせ

2018年4月の展示替えのお知らせ

第1、第2、第3展示室の展示替えを行いました。それぞれの展示をお楽しみください。

●第1展示室

ノートゲルト(Notgeld)は、20世紀初頭の1914から1924年の間に、現在のドイツ・オーストリアを中心に流通した地域通貨で、世界最小の紙幣とも言われています。第一次世界大戦の影響で金属が軍需にまわされ、庶民の日常生活に必要な小銭が不足し、それを補うための緊急貨幣として発行されました。
多彩なテーマと趣向をこらしたデザインで、現在でもコレクターに人気があります。

●第2展示室 「久米通賢資料室」

久米通賢の62年の歩みをのこされた様々な資料によってたどっていきます。

●第3展示室

「道中記」「名所図会」「道中案内記」をはじめ、「浮世絵」や「絵図」などから、「江戸時代のさまざまな旅」をご紹介します。