共済会について

映画「海竜を見た日」の映像制作に協賛

平成24年度は、2011年「さぬき映画際」シナリオ入選作(応募44作品中の4作)の映画「海竜を見た日」の映像制作に協賛した。
この作品は野村忠弘氏の脚本・監督・制作によるもの。
重要なエピソードの舞台である昭和29年当時の「香川県立図書館」に当館が擬せられたということと共に、
近年香川県が推進する「フィルムコミッション」への協賛にも資することから援助を決定した。

野村忠弘氏 略歴

  • 1971生まれ
  • 東京都練馬区在住
  • 日本映画学校映像学科卒業

主な作品

「探偵日和」(2002)

「甘くて冷たいピンクをかけた戦い」(2007)
やぐちひとり(C) 携帯シネマフェスティバル最優秀作品賞受賞作

「おかあさんのくつ」(2010)
第2回短編ホラー・怪奇・幻想映画祭山口敏太郎賞受賞作

「海竜をみた日」(2013) さぬき映画祭にて奨励賞受賞
2012年度「さぬき映画祭」シナリオ入選作

「海竜をみた日」上映実績

2013年4月24日 香川県高松市生涯学習センタ-にて上映
2013年10月5日~6日 徳島県徳島市東新町商店街のイベント徳島怪獣映画祭で上映
2013年11月15日~17日 千葉県鋸南町で第5回きょなピカ映画祭にて上映
2013年11月24日 香川県丸亀市の本島小学校体育館にて上映