展示室案内

岩清尾八幡宮祭典図 尾崎秀南筆

第3展示室 岩清尾八幡宮祭典図

展示中

尾崎秀南は、明治11年(1878)に、坂本村(現丸亀市飯山町)で生れました。明治32年(1899)に上京し、日本美術院の研究会員となって研鑽を積み、その後中央画壇で活躍していましたが、大正12年(1923)の関東大震災により帰郷。丸亀に居を構え、絵筆を揮いました。