展示室案内

『医範提綱内象銅版図』 (いはんていこうないしょうどうはんず)

03-03

展示中

宇田川榛斎 訳編     文化5年(1808)刊
『医範提鋼』(文化2年刊・1805)の附図として、その3年後に刊行された日本で初めての銅版解剖図。
有名な銅版師 亜欧堂田善(永田善吉)により彫鐫され、西洋医学書の精巧な52 の解剖図が再現されています。